読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣の芝生はあおいよー

「蒼穹のスカイガレオン」についてアレコレ書いていました。

【デッキ紹介】URヒイアカ / UR+オニャンコポン

国家大戦イベントが終了しましたね。皆様お疲れ様でした。
私が所属するユニオン「グレートねいちょ」はユニオン総合で1位を獲ることができました。
開始から2位をずっとキープしており1位に突き離された場面もありましたが、
ユニメンの協力もあり最終日には怒涛の追い上げを決められました。ありがとうグレートねいちょ。

ちなみに個人では3位。ただの階級Pプレゼントおじさんでした。

さて、国家大戦イベントが終了したということで。
前回の記事に引き続き、イベント期間中に組んだデッキを2点公開します。
今回は割と多めに使った物となります。

URヒイアカ入り

f:id:abaltsan:20160412005447p:plain
このデッキを組むに至った経緯はよく覚えていませんが、イベントが始まって割と初めの頃に組みました。
確か後列アンラマンユ+とナキサワメ入りの即死デッキをメタりたかったんだと思います。

URヒイアカに合神させる所から考え始めて、守命を持ちのカードを並べていったらこの形になりました。
一応、殴るデッキにするためにバフ要員とダメージ無効を打ち消す要素は必要だと考えていました。
その割には恒常と護神がいて1ターン目のバフはほぼ無意味に終わっていたりします。

実際に国家大戦で投げてみたところ、2ターン目以降で非常に面白い動きを見せてくれました。
ハウメアのバフを受けたSRデメテルが中段を加速し、なんと次にANナタタイシの特技が発動します。
相手の特技ゲージを増やすことでTフェンリルやRダッキの特技が発動するのを抑えてくれます。
更に後列アフラマズダ+の行動によって特技ゲージが減り、次のターンも同じ動きで相手を止めます。

ANナタタイシが相手を妨害している間にLE+ハウメアのバフ→URヒイアカの特技の順に発動し、
次のターンにはSRデメテルの特技で味方を加速してからハウメアが特技で相手を殲滅します。
狩り残した場合は、アフラマズダの特技でアタッカー陣が復活・護神化し高火力で殴りにかかります。

LE+ハウメアの反魂やアフラマズダ+の特技、SRヒュペリオンの中列行動で味方を蘇生させられて
且つアフラマズダの後列でマイナス効果(主に呪い、ダメージ増加、デバフなど)も打ち消せるため
アタッカー中心のデッキでありながら味方の耐性も十分に確保できる面白い形になりました。

主に前半戦で使っていましたが、3日目辺りから合神ヘスティア始動のペレやオニャンコディオネ、
キュベセポネなどの勝てない相手が増え始めたため後半戦での使用数は控えめ。

完全に偶然の産物ですが、プレビューを見ていると思わぬドンデン返しが起きたりして楽しかったです。

AG49始動オーロラニャンコ+

f:id:abaltsan:20160412005434p:plain
TハデスやTフェンリル、アヤダッキ、R+ツィツィミトル等の中後列でサポートして展開するデッキに対するメタ。

これらのデッキが中盤戦以降から見られるようになり、
ステータス変化無効を先に付与して妨害できないかを考えていたところUR+オニャンコポンに着目しました。
中列行動で2ターンに渡るステータス変化無効を付与するため、疾風やFSによる加速を防げるのがポイント。

バフ要員にはANナタタイシとSRニンフルザグの組み合わせを選択。
SRニンフルザグでオニャンコのAGを上げることにより、神速が切れた2ターン目以降も先制で動くことができます。
火力のサポートにはLE+オーロラの三姉妹を採用し、更に魂縛からナタタイシを護る役割も持たせました。
ANショチケツァルの枠は当初SR安倍晴明でしたが、試行錯誤を経て封迅持ちのショチに落ち着きました。

残りの3コストはET12弾から同じ色のカードを入れただけですが、
後列行動が「貫通が付与された味方のATアップ」と「凸字範囲の味方にステータス変化無効」という高性能ぶり。
3コストにも関わらず味方の火力を上げつつ耐久も確保できるのは優秀だと感じました。

2ターン目以降はオニャンコの特技からガンガン攻めていきます。
ここら辺は由緒正しきオーロラニャンコのコンビ(?)そのままですね。

大戦では仮想敵にあたるデッキが後半戦で多く見られたこともあり、割と多く使っていました。
そういえば、このデッキもオーロラの反魂やオニャンコの特技、ANショチの前列で味方を蘇生させられますね。
復活不能を積んでいない即死デッキに対して、ゾンビのように蘇って殴る場面もありました。

弱点はハッキリしていて、まずマンスラやオニャンコ系、ペレ入りには勝てません。
国家大戦イベントで負けた相手も大半がオニャンコ系でした。進化系とは一体何なのか。
状態異常への耐性も薄く、SRウラノス(XT)等による行動不能はモロに食らって機能停止します。

あくまで、特定の相手に対するメタデッキとして割り切って投げていました。

ニッチな着眼点ながら、意外と環境に刺さる要素を持ったデッキを組めて満足です。
今まで倉庫番をしていたUR+オニャンコポンの新たな使い道を見出せたことも収穫でした。

あとがき

今回の国家大戦イベントは走りながらデッキを組んで参戦する機会を多く作ることができました。
デッキを組むのは元々好きなので、メタる相手を意識してデッキを考える工程も楽しく感じられましたね。

ただ、当然ですが疲労感は尋常じゃなかったので当分はゆっくりしたいです。
あっリーグ戦考えなきゃ。今週末は国別戦も控えてる。
…休む隙はなさそう。