読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣の芝生はあおいよー

「蒼穹のスカイガレオン」についてアレコレ書いていました。

4/14の雑記

国家大戦

4区でまったり過ごしています。

ちなみにユニオンは5区へ参戦中。自分は制限ルール用に考察するには時間とデッキ枠のキャパが足りない(だいたいリーグ戦のせい)と思い4区で様子見してます。

ただ、デッキを組まないと呼吸困難に陥る体になってしまったようなので、朝方に組んで数戦回してみました。


突然のデッキ紹介。

1. 青アンデッド

f:id:abaltsan:20160414211201p:plain
望遠鏡で眺めてみたらオニャンコディオネ祭だったので、アンデッドでダメージ差を付けて勝つ形を考えました。

バフ要員は味方を高い係数でサポートできるURアメノミナカヌシを選択。SRヘルメスの後列から繋ぐ形を取ります。

URニケをバフ要員にした形も考えましたが、後列に2枚置くとコストに余裕がなくなり断念。
低コストのカードは耐久が低く、これらで枠を埋めた場合にダメージアップを絡めたオニャンコFSやディオネの攻撃を耐えられずに列崩れを引き起きやすくなります。

アンデッド枠はLE+セドナとSRダジヴォーグ。
セドナは中列でフィールドステータスを設置し、アトラス+や12弾アナヒ、12弾アフラ+の復活行動に刺さるかもと思い試しに置いてみました。

余った6コストの枠には12弾アナヒを置き、味方を蘇生しながらセドナFSで回復したりバフを受けた味方へのロックを解除できるようにしました。
また乖神によって合神を無効化し、ヘルメスが先制しやすい盤面を整えられます。

3戦ほど投げたところ即死にメッタメタにされて敢え無く解体。
「やられたらやり返す」スタイルのアンデッドも即死にはお手上げでした。
セドナが刺さりそうなカードにはマッチングせず。
1勝2敗

ちなみに、マッチングはしませんでしたがマンスラの対策は切りました。
残念ながら相手にダメージを与えられません。

2. マガセオ砲

f:id:abaltsan:20160414213010p:plain
アンデッドでジワジワ攻めるデッキを考えていたため、次はワントップで攻める爽快なコンセプトにしました。
アナヒ+とガーディアンサモンの耐久する気マンマンなフォーメーションには目を瞑ってください。

まず、誰をエースに据えるのかを決めずにバフ要員から決めました。
吟味した結果、エースに誰を置いてもバフをかけられるURニケに決定。
それと同時にSRヘルメスでニケへ繋ぐのも決定。完全に先程の名残です。

URニケのバフを最大限に活かしたかったので、中列にSRナタタイシ(AN)を置きました。
クリティカル2が確定し、ニケで38ものバフをぶっかけられます。いやぁ爽快ですねー!

この時点で残り12コスト。
残りの枠で高火力エースを置き、あわよくばオニャンコディオネに勝てる形にしたい。
こんな贅沢な要求を満たせる組み合わせなんて果たしてあるんでしょうか?

…以上を経てこのフォーメーションが出来上がりました。

エースのLE+オオマガツヒ&セオリツヒメはATこそ控えめですが、中列行動の係数はクリティカル2でAT×1.8のため5コストの割に高火力が期待できそう。いやぁ爽快…爽快なんですかね。

エース枠はLE+ペレも候補でしたが、SRヘキカゲンクンを入れるコストがなく断念しました。

SR+アナーヒターとガーディアンサモンの組み合わせはアトラス+でお馴染みかと思います。
アナヒ+と組ませる形は3月から密かに愛用中。アトラス+とは全くの別物ですね。

実際に投げたところ、仮想敵であるオニャンコディオネとマッチングして勝ち星を上げられました。
確か4勝2敗。
2敗はどちらもクロノスにヘルメスが止められてミナカヌシ+と頼光のカプに詰まされました。

マガセオ砲と言いつつ、実際はアナヒ+もヒュペリオンが一番頑張ってた気がします。
どちらも良い気分転換になりました。

国別戦

明日4/15の22時からは今月度の国別戦が始まります。
参戦権をお持ちの方は忘れずにエントリーしておきましょう。

ちなみに中の人は先月の国別戦でエントリーし損ねた前科があるので、今月は国別戦に参加することが目標です。

リーグ戦と国別戦が被る日程を組む運営マジ鬼畜。