読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣の芝生はあおいよー

「蒼穹のスカイガレオン」についてアレコレ書いていました。

「クトゥルフ 異界饗宴」雑感その3

f:id:abaltsan:20160509054540j:plain

本日のメンテナンス告知で早くも国別戦の開催日が公開されました。ナント5/6〜7のGW終盤です。
更には明日4/26 21:00から国家大戦のユニオン対抗イベントが始まります。
ペース早っ!!

のんびり雑感を書いている場合ではなくなりました。一刻も早くカードの効果を理解しなければなりません。
そんなこんなで雑感その3。今回はSRの黒属性について触れていきます。
ペース遅っ!!

ショートカット

SR

黒属性

  • バスト

属 性:黒
コスト:4
制 限:なし
分 類:女性
能 力:神衣 守命3
HP192 AT48 AG19

4コストの割に高いHPを持つカード。
復活無効付与、行動不能、敵盤面にファミリア生成と個々の列で便利な行動を備えています。

後列のファミリア生成はキュベセポネの亜種として活用できるのではないかと。
キュベレーとの主な差別化ポイントはSRクロノスの中列でロックされないこと、神衣によりファミリア生成を成功させやすいことの2点でしょうか。守命もLEジョカ&フッキやアマテラスと組ませる際に重宝しそうです。

前列の復活無効に関してはAGの低さがネックに感じられます。対象範囲もAGもR+ガネーシャと競合しており、ガネーシャはSR+アンラマンユと組み合わせられるのが致命的な差ですね。
AG的にはアマテラスの後列やスヒジニと組み合わせられますが、即死デッキとしてはアンラマンユ入りを超えるのは難しいかなといった印象。
いっそのことキュベセポネの前列に置いてみるのも一考の余地あり。打ち消し→復活不能→ペルセポネの順に起動できるので相性は悪くないはず。

  • アトラック=ナチャ

属 性:黒
コスト:4
制 限:なし
分 類:女性
能 力:灼楯3 守命3
HP132 AT48 AG37

ステータスはシナツヒコのそっくりさん。AG高めの低耐久。
各行動は毒に寄っており、前列と後列では味方の耐久面もサポートできる意外と便利な性能。

特技のハデな係数に目が行きますが、ポイズントラップを設置するのみなので1ターンを無駄にする可能性も。
耐久の低さも相まって、特技の発動を狙いに行く前列採用は厳しい印象。

後列でポイズントラップとアンチロックシールドを設置しながら味方の毒起動で削り、
中列に落ちたタイミングで重ねがけされた毒を起動する運用がしっくりきそうです。
毒関連の行動ということで、LE+エリニュエスやSR+アカ・マナフとの組み合わせを考えてみたいです。

惜しい所は、弱点である緑属性のアタッカーに効果を打ち消されやすいという点でしょうか。
また、ステータス変化無効で防がれるとトランス付与・起動のついでで対策されてしまいます。

  • ニャルラトテップ

属 性:黒
コスト:2
制 限:2枚
分 類:女性
能 力:無痍 禊祓 守命3 (叡智)
HP72 AT24 AG28

今弾のトップレア枠と噂されているカード。
能力・行動ともに従来の人気のある戦術に対するメタとして機能しそうです。

前列:味方にデストラップ付与+ステータス変化無効
中列:直前に行われた通常行動をリピート+自滅
後列:行動不能の味方のATAGアップ+行動不能を打ち消し

2コストでこのスペックは欲張り。
中列のリピートは開拓の余地がありそう。ペレや即死アンラマンユとの組み合わせは見たことがあります。

行動こそ強いものの、前列以外で使う場合は役割に特化したデッキを組まないと無駄になりがち。
そのため、余った2コストを埋める枠としては適していないと思います。
前列に置くにしても、他の2コストSRと比べて低い耐久により列崩れを起こしやすいのが難点でしょうか。

その代わりに、明確なコンセプトを備えたデッキに採用すれば自身のスペックを如何なく発揮できると思います。

  • クァリル・ウタウス

属 性:黒
コスト:3
制 限:なし
分 類:女性
能 力:恒浄 (叡智)
HP108 AT36 AG29

設定が意外と恐ろしいカード。
即死デッキの前列に置いて即死要員として使われている場面を多く見かけます。
前列で即死を打つ低コストのカードは運命の三姉妹、UCシワコアトル、Rアトロポス等がいますが、
いずれもデメリットにあたる追加効果を持っているためウタウスは比較的使いやすい部類かと思います。
発動率60%なのはある意味デメリットですが。

中列も意外に優秀で、恒浄からバフをかけつつエースのマイナス効果を打ち消すことが可能。
毒や呪いで攻めるデッキの空いた枠に入れておく価値はあるかと思います。
列が崩れる中盤戦以降は即死にシフトし、狩り残した相手を即死で削っていける動きが見込めそう。

黒染めは即死が最も広く勝てる形だと考えていますので、基本的には前列で運用することになるのかなと。