読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隣の芝生はあおいよー

「蒼穹のスカイガレオン」についてアレコレ書いていました。

【デッキ紹介】11種盛り合わせ その2

だんだん終わりを実感し始めてきてセンチメンタルな気分で書いています。
2つめは普段通りのノリや閃き、過去作のリメイクで組んだデッキ達です。

…なんて書いてたら見事に寝落ちカマしました。間に合うかな。
最終日なのに何の記事を書こうか全く考えていませんでした。

目次

  1. AG49始動ペレニケ
  2. AG49始動アザトース
  3. 黒即死
  4. URカグツチ入り赤単
  5. 毒起動
  6. アイヤッパン入りマンスラ

1. AG49始動ペレニケ

f:id:abaltsan:20160628224346j:plain
昔に組んだAG49始動のペレバースト(後列ニケ)をリメイクしたデッキ。
当時は中列ANナタタイシでクリティカル2を確定させた状態で、ニュクス→ニケ→ペレ→ヘキカゲンクンの順に繋ぐ形を取っていました。
そのANナタタイシが担っていた役割を分散させ、アペフチ・ANウルズの2枚を採用しました。ANウルズは疑似封迅として扱うこともできます。
アストーで埋めていた乖神枠はANツクヨミで代用。叡智が付くだけでなく、ニケのバフとそのシンクロを受けるとアタッカーとしても機能します。

ニケのバフからペレの高火力バーストで葬り去るデッキの気持ちよさを久々に味わえました。
やっぱりペレはデッキを考えるのが楽しくなるカードですね。

2. AG49始動アザトース

f:id:abaltsan:20160628224441j:plain
ニュクスシンクロからアザトースでブンブンするデッキが増えてきたので自分も組んでみました。
とはいえ基本的には上記のペレバーストと似たアプローチを取っています。

このデッキの困ったちゃんな所は3T目以降になると途端に立ち回りが崩れること。
特にニュクスが天翔をシンクロする対象が1T目とは異なり、後列送りになったアザトースには決まるもののヘスペリデスには飛ばないので盤面が大惨事になります。
2ターンで相手を殲滅できれば問題ない…はずだったんだ…。

3. 黒即死

f:id:abaltsan:20160628152555j:plain
LE+イザナミがLv50になったので記念にデッキを組みました。
記念という割には何の変哲もない即死デッキに落ち着きました。
ディオネ以外のイザナミの活かし方は最後まで分からなかったです。

4. URカグツチ入り赤単

f:id:abaltsan:20160628203833j:plain
LE+ミネルヴァがLv50になったので記念にデッキを組みました。

ミネルヴァの中列バフでマイナス効果を打ち消せるので、頑張ればカンナ頼光にも勝てるのではないかとまず考えました。ちょうど同じタイミングでURカグツチも引いていたので、バーストで相手を崩すコンセプトにしてみました。アテナとミネルヴァのバフからモリモリ殴っていくのは見ていて爽快です。
後列のモーリアンは封印・強へのデコイ且つLEカンナからのデバフを受けない位置から味方を加速できる赤の低コスト枠です。

ミスラはマンスラ対策。マンスラの特技でバフとバーストを封じられるとまるで何もできません。

5. 毒起動

f:id:abaltsan:20160628203843j:plain
LE+エリニュエスがLv50になったので記念にデッキを組みました。
毒起動デッキは何気に愛着がありますね。

主流なデッキには勝てるようにしたいと思い、封迅2枚積みでミナカヌシテスカに、後列アフロディテ採用でカンナ頼光に抗える形を取りました。中列ヌトセ入りに対してはエリニュエスのFSと毒起動が刺さります。

蓄積された毒を起動して相手が悶え苦しむ様は見ていて爽快でしたね。

6. アイヤッパン入りマンスラ

f:id:abaltsan:20160628220714j:plain
LEアイヤッパンがLv50に…元からなっていたのを最後に使おうと思いデッキを組みました。
分かってはいましたが、そんなに強くはなかったです。